2007年06月10日

人間関係について考える1

「人はたった一人で生まれて来て、たった一人で死んで行くものです」

人との繋がりを語る上でこの言葉を使ったりしますよね。
世界には60億もの人がいて、
皆は様々な人間関係を築いているのに、
自分自身だけは孤独で、
誰からも理解されてないなんて思い込んで落ち込んだりもしたりしてバッド(下向き矢印)

友達ってたくさん居ても付き合って行くのは大変だと思うんだけど、
友達の数で自慢してる人を見ると驚きます。
だって、アナタは友達と思ってるかも知れないけど、
相手に取っては単なる知人じゃ無いの?って思います。
何をもって友達って言うんでしょうか?
恋愛での人間関係から、私は人間関係についてそう思っていました


そんな学生時代も終わり、私の転機が訪れましたぴかぴか(新しい)
それは社会人になると言う事です。
会社に就職し、
全く新しい種類の人間関係を受け入れて行かないとイケマセン。
本当にいろんな年齢の方がいるので人間関係の難しさを痛感しました。

会社の組織内だけでも大変な人間関係、
その上お客様とのやりとりもあります。
電話とはいえ相手はお客さん。
とんでもない注文ですら「そんなアホな!」と返してはイケマセン!

そんな電話でのやりとりも
お客さんをうまく納得させる事が出来た時などは
ホントに充実したものですが・・・
失敗して上司に叱られたり、とんでもないケアレスミスが続くときは
ホントに自分自身に嫌気が差して落ち込みます。
人間関係がうまくいこうがいきまいが、どうでもいいと思えるほどたらーっ(汗)

でもそんな時でも会社の仲間が
「大丈夫、なんとかなるさ〜!」と言ってくれるだけで
不思議と勇気とチカラが出て来るのですかわいい
こういうときって、人間関係の有難さを感じます
本当に。
人の親切ってとても有難いものだと思わずにはいられませんでしたね。


様々な出会いの中で一人でも生きて行けるなんて勘違いしていたのが、
この世界は小さな人同士の集まりで皆が
支えあって励ましあって助け合い生きているのだと
このとき知る事が出来たように思えます。

この人間関係に対する意識の変化は本当に財産だと思っています。
自分自身がして貰って有難いなと思った事や、
反対にされて不愉快な思いをした事、
人間関係を通してしてはイケナイ事、
してあげた方が良い事、
いろいろ学んだように思います。


人間関係って面倒な側面をたくさんあると思います。
でもその人間関係の面倒の中にこそ、
自分自身を切磋琢磨する「何か」が含まれているのでは無いでしょうか?

居心地の良い場所だけで生きて行く事で居心地の良さを理解する事が出来ないように、
不愉快な事もまた必要なんだ、
最近ではそんな風に思います。

だから人間関係は大事だし、また悩みなのかも知れません。


posted by 恋愛での人間関係に悩んでいました at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。